新幹線を降りたら球場はもう目の前/ファーム野球鉄旅

2017年5月11日更新

2016年シーズンから福岡ソフトバンクホークスのファーム施設として使用している「HAWKSベースボールパーク筑後」。球場は「タマホームスタジアム筑後」(以下、タマスタ筑後)という名称で、ウエスタン・リーグ公式戦などが行われている。一昨年までの本拠地、雁の巣球場は福岡市内にあるが、タマスタ筑後は名前の通り福岡県南部に位置する筑後市に所在する。

最寄り駅は九州新幹線、JR鹿児島本線の筑後船小屋駅。筑後船小屋は、博多から新幹線(つばめ)を利用すれば24分。博多駅から球場敷地までの時間距離は雁の巣よりも近い。鹿児島本線の快速を利用した場合は約50分で到着する。


改札を出て駅前ロータリーに出ると、球場は目の前だ。しかし、球場への入口は駅側になく遠回りになるため、駅から5分以上かかると考えておいた方が良い。


訪れたのはゴールデンウィーク。球場は超満員(この日の観衆は3,113人)。球場の周囲では「筑後七国観光フェスタ」というイベントも開催されていて、地元の名産品、グルメ、野菜や果物がブースで売られていた。球場に屋内練習場が併設されていて、開放された窓から覗くことができた。


この日はナイターで、ヤフオクドームの一軍戦が行われたのだが、ホークスの一・二軍ハシゴをしたファンも多くいただろう。

一軍の試合開始直前にヤフオクドームに入ることを想定した場合、筑後船小屋駅16:35発の九州新幹線(つばめ330号博多行き)に乗車。博多から地下鉄空港線で唐人町へ(17:25着)。試合前に球場入りが可能だ。

もう少し余裕を持たせたい場合は、その1本前の新幹線(15:30発 つばめ328号)の利用が良いのだが、二軍の試合が終了していない可能性も高い。そこで、越後船小屋15:55発の鹿児島本線の快速(小倉行き)をオススメしたい。博多まで50分間の乗車だが、17:10に唐人町に着くことができるので時間的には丁度良いだろう。新幹線の自由席特急料金の節約にもなる。浮いたお金はヤフオクドームでのビール代になりそうだが・・・。

鹿児島本線ホームから球場を望む

※列車の時刻は2017年5月現在の土休日ダイヤ

野球鉄旅人/梶田陽三

今日の試合速報

関連記事