横浜DeNAベイスターズを身近に“青物家電”と新生活(乙女やきゅう探訪)/柳沢怜

2017年3月15日更新

進学、就職、転職、引越し。新生活が始まる今、横浜DeNAベイスターズファン注目の家電3種類の売れ行きが好調です。手がけるのは、首都圏を中心に展開する家電量販店企業の株式会社ノジマ。2008年から横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)のユニフォームスポンサーを務めています。

横浜DeNAベイスターズとの共同企画として、何度も試作とチェックを重ねて完成したノジマのプライベートブランド「エルソニック」のオリジナル商品。今回は第4弾として、オーブントースター、電子レンジ、冷蔵庫が1月下旬に発売されました。当初は2月発売の予定でしたが、予約だけで100件を超えるなど反響が大きかったため、発売を前倒ししたそうです。

“青物家電”こと「新生活向け家電3点セット」、上からオーブントースター(\4,980)/電子レンジ(\8,980)/冷蔵庫(\39,800)※何れも税込


詳しいお話を伺いに、神奈川県横浜市にある株式会社ノジマ本社にお邪魔しました。

内田朋子さん(ノジマオンライン)

商品開発を担当された内田朋子さんは、生粋のハマっ子。元々野球は詳しくなかったそうですが、入社をきっかけに受けた英才教育により今ではすっかり横浜DeNAベイスターズファン。今回の第4弾、発売前は3点セット販売のみの展開を予定していたそうなのですが「バラ売りにして欲しい」という声に応え、1品だけでも購入が可能になりました。バラ売りが可能となれば、気になるのが販売人気順。1位はオーブントースターで特に女性に大人気。買いやすいお手ごろ価格のものから売れているそうで、トースターに次いで電子レンジ、冷蔵庫という順です。

さすがスポンサー企業、待合室には三浦大輔さんのサイン入りユニフォームや引退試合の写真が


「球団ロゴマークのサイズ、単色にするどうかの選択はとっても迷った」と内田さん。電子レンジのガラス面に、ビジターユニフォームをイメージしたストライプのデザインを施すのも苦労した所の一つ。

横浜DeNAベイスターズとのコラボ商品第1弾は野球観戦で活躍するハンディ扇風機。そして第2弾は小型加湿器、第3弾がモバイルバッテリーでした。第3弾で制作したモバイルバッテリーは、お客様からの要望と商品化のタイミングがちょうど一致して、嬉しかった一品だそう


田中義幸さん(総務グループ)

総務グループの田中義幸さんには、ノジマと横浜DeNAべイスターズの繋がりについてお話を伺いました。ある程度予想はしていましたが、株式会社ノジマの野島廣司社長は大洋ホエールズ時代からのファンだそうです。田中さんも元々巨人ファンだったのが、今ではすっかり横浜DeNAベイスターズファンに。オフィスが横浜スタジアムのすぐ近くという好条件も重なって、シーズン中は仕事のあとに観戦へ行く社員も多いそうです。会社全体で横浜DeNAベイスターズを応援しているんですね。

“青物家電”チームの皆さまと

入社式には監督や選手がVTRで新入社員に向けたメッセージを寄せてくれたり、三浦大輔さんや横浜DeNAベイスターズの選手が店舗で買い物をしてくれるなど、「横浜DeNAベイスターズとの関係性で生まれる効果は本当にありがたいです」と田中さん。今後も「Bのロゴが焼きあがるポップアップトースター」「シーリング照明」など企画案は尽きないということだったので、第5弾、6弾も期待してよさそうですね。

ノジマ MARK IS みなとみらい店にて

“青物家電”は、神奈川県内のノジマ各店舗と通販サイト「ノジマオンライン」、横浜DeNAベイスターズオフィシャルショップ及びオフィシャルwebショップで購入できます。

取材/柳沢怜

今日の試合速報

関連記事

■柳沢 怜(やなぎさわ れい)
TBSラジオキャスター。大の埼玉西武ライオンズファン。ラジオ番組では過去に伊東勤氏、田淵幸一氏、張本勲氏らと共演。