カネシゲタカシ、ザ・ギース尾関らが野球ファンと乾杯!「集まれ!野球ファン交流戦!」(乙女やきゅう探訪)/柳沢怜

2017年2月8日更新

球春到来まであと数日という1月25日。毎回チケットがSOLDOUTとなっている大人気のプロ野球ファン向けイベント、東京カルチャーカルチャー渋谷(東京都渋谷区/以下、カルカル)で年に数回行われている「集まれ!野球ファン交流戦!」に行ってまいりました。野球は大好き!でも大人数のパーティーや宴会はちょっと苦手…そんな私のファン交流イベント初参戦リポートです。


14回目となる今回は、カルカルがお台場から渋谷に引っ越して初めての開催となります。ピカピカの入り口前には、開場時間前から参加者が並んでいました。

このイベントは当サイトでもお世話になっている、漫画家(野球大喜利主宰・ベイスたん作者)のカネシゲタカシさん、カープ芸人のザ・ギース尾関高文さんがレギュラーで出演。様々な球団の野球ファンがお酒を飲みながら交流するのですが、出演者もステージ企画だけでなく、参加者の輪に入ってしまうのが特徴。カネシゲさんによると“我々は参加者の繋ぎ役”だそうですが、最近は参加者の皆さんがすっかり打ち解けてきていて、手助けが必要なシーンは少ないとか。


お二人に初心者の心得を伺ったところ、「巨人ファンと阪神ファンが肩組んでお酒飲めるのがこのイベント。どれだけマニアックなこと言っても、誰かしら受けとめてくれるから安心して大丈夫!」とのこと。それでもパーティー下手で緊張している私。「新人選手を初試合に送り出す、監督と先輩になったつもりで私の背中を強く押してください!」という無茶なリクエストをし、このようにハイタッチで送り出していただきました。


イベントが始まると、カネシゲさんと尾関さん、そしてイベントプロデューサーのテリー植田さんがステージに登場。ちなみにテリー植田さんは現在西武沿線に在住。西武もお好きでユニフォームを着用してますが、関西のご出身で阪神ファン、幼い頃には大阪球場で南海・門田博光の満塁本塁打を見たのが思い出だそうです。


このイベントには毎回ゲストの方がいらっしゃるのですが、今回は横浜DeNAファンのお笑い芸人・ダーリンハニー吉川正洋さん。鉄道ファン芸人としても有名な吉川さん、会場には鉄道ファンも多く大人気。

次のページへ